マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

防災グッズとしても注目 ワークマンとイオン、低価格で高機能なキャンプ用品の数々

2022年9月12日 19:00 女性セブン

ワークマンとイオンもキャンプ用品市場に本格参入
ワークマンとイオンもキャンプ用品市場に本格参入

 毎年9月は「防災月間」。そこでアップデートしたいのが、コロナ時代の防災術。感染予防のために災害時でも密を避けて避難するため、キャンプ道具があると避難生活でも役立つ。キャンプ用品は防災グッズとしても優秀だが、キャンプ道具を一式そろえようとすると最低でも5万円程度の出費は必要になる。

 ところが昨年来、異業種からの参入で、安価な品が発売されるようになり、ハードルが一気に下がった。以下、ワークマン、イオンから発売されている、防災グッズとしても注目されるキャンプ用品の数々を紹介しよう。

ワークマンのキャンプ用品

 そうしたキャンプ用の格安ブランドのなかでも「自然の中では、みんな職人。」というキャッチフレーズで、今年2月にキャンプ用品に本格参入したワークマンは、テントが4900円~、シュラフが1500円~という衝撃の価格を実現している。一気に約130アイテムを投入して話題を呼んだ。

「もともとテントやタープ、シュラフに使われる生地は、撥水性や難燃性など弊社の作業服に使われてきた素材。キャンプ道具との連動で大量生産が可能になり、高機能と低価格が両立できました」(ワークマン広報・伊藤磨耶さん)

 キャンプ用品の販売はオンライン中心で、近くの店舗で受け取ることもできる。代表的な商品を紹介する。

封筒型のスタンダードなシュラフ『BASICスリーピングバッグ』
封筒型のスタンダードなシュラフ『BASICスリーピングバッグ』

 封筒型のスタンダードなシュラフ『BASICスリーピングバッグ』(1500円)。保温性の高い中綿入りで、撥水加工付き。ファスナーを全開すれば大きなブランケットにもなる。

初心者でも設営が簡単な『BASICドームテント1人用』
初心者でも設営が簡単な『BASICドームテント1人用』

 初心者でも設営が簡単な『BASICドームテント1人用』(4900円)。付属のキャノピーポールを使えば前室の設営も可能。また、天井にはランタンが吊るせるフック付き。

軽量で組み立てが簡単な『BASICスクエアタープ』
軽量で組み立てが簡単な『BASICスクエアタープ』

 軽量で組み立てが簡単な『BASICスクエアタープ』(4900円)。高撥水加工が施された生地は雨にも強く、テントを覆ったり、日差しや雨よけとして使える。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。