マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

S&P500が2年ぶりの安値圏 いつまで・どこまで下がるか、想定しておくべき最悪シナリオ

2022年9月29日 19:00 マネーポストWEB

急激な金利上昇に伴い米国株式市場も低調に
急激な金利上昇に伴い米国株式市場も低調に

 金利上昇や急激なインフレへの景気後退懸念により、米国市場では株価が続落。S&P500種株価指数は2020年11月以来、約2年ぶりの安値を更新している。不安定な世界経済の情勢について、個人投資家・投資系YouTuberの森口亮氏は「過去の金融危機並みの大きな株価下落も想定しておく必要がある」と述べる。それでは、最悪シナリオの場合、どこまで想定しておくべきなのか。森口氏が解説する。

 * * *
 まずは気になるニュースを紹介しましょう。2022年9月23日の「Bloomberg」に、以下のようなことが報じられています。

・株や債券から現金に変える動きが急速に進んでおり、特に国債からの資金流出は1920年以来の高水準にある
・投資家のセンチメント(感情)が2008年の金融危機以来で最悪になっていることに「疑いの余地はない」

 つまり、投資家たちがここ10数年においても“最も弱気な状況”にあるということです。先のことを見通すのは簡単ではありませんが、このような状況においては、金融危機並みの大きな株価の下落を想定しておくことが、リスク管理として重要です。

 今回は、過去のアメリカ市場において「金融危機」と呼ばれた3つの下落局面を参考に、S&P500種株価指数(S&P500)における下落率と下落期間の目安を探ってみましょう。そして、現在の下落局面がいつまで続く可能性があるのか、どの程度まで株価が下がる可能性があるのか、過去の事例をもとに考えていきます。

過去の3つの金融危機ではどれだけ下落したか

 新しいところから例に出すと、2008年のリーマンショック時はどうだったでしょうか。リーマンショック直前に高値をつけたのは2007年10月11日であり、その後安値をつけたのは2009年3月6日でした。その期間は約511日(約1年5か月)であり、その間S&P500は57.7%下落しています。

 その前は、2000年のITバブルの崩壊です。ITバブル崩壊直前に高値をつけたのは2000年3月24日で、その後安値をつけたのは2002年10月10日でした。その期間は930日(約2年6か月)で、その間S&P500は50.5%下落しています。

 最後に紹介するのは、1973年のオイルショックです。オイルショック直前の高値は1973年1月11日で、その後安値をつけたのは1974年の10月4日でした。その間の期間は631日(1年9か月)で、その間S&P500は49.9%下落しています。

 ここまで見ると、歴史的な大きな下落局面では、「1年以上にわたって下落が続き、高値から約50%以上となる下げ幅だった」ことがわかります。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。