家計

5人家族で週の食費6000円の超節約主婦が教える「1人分100円以下かさましレシピ」

1人分100円以下で作れる「わが家の自慢!豆腐ハンバーグ」(左)と「マッシュポテトとチーズのはさみチキンかつ」

1人分100円以下で作れる「わが家の自慢!豆腐ハンバーグ」(左)と「マッシュポテトとチーズのはさみチキンかつ」

 物価高騰が続くなか、食費も増えるばかり。この状況に、どのように対抗したらよいのか、節約の達人に聞いてみた。5人家族で食費は週6000円以下という超節約主婦のあみんさん。節約は買い方と料理の作り方で決まるという。その具体的な方法を紹介しよう。

 安価な食材や腹持ちのいい食材を加えて作る「かさましレシピ」など、料理の工夫で節約をしているあみんさん。週1回、2軒のスーパーマーケットをはしごして、特売品の中から食材を購入。そこから献立を考えているという。

「私の場合、献立を作らずに買い物に行きます。献立ありきだと、その日高い食材でも無理して購入しなければならず、予算を超えてしまうからです」(あみんさん・以下同)

 買い物にはひとりで行き、20分で店を出ると決めている。

「家族と行くと余計なものを買わされますし、滞在時間が長くなると、不要な物までつい買ってしまいます」

 食材は特売品をメインに、豆腐類やきのこ類など、安価で満腹感を得られやすい“かさまし食材”を選ぶ。さらに、食欲をそそるよう、緑黄色野菜など彩りのいい食材も選ぶ。

「節約のために食卓が貧相になるのは避けたい。見た目も味も胃袋も満足してもらえるよう気を使っています」

 以下、あみんさんの具体的な節約術を紹介する。

●価格が安定している冷凍野菜を活用

「野菜の価格が高い場合は、冷凍野菜をチェックします。比較的価格が安定していて生野菜よりお得なことが多いからです。特にかぼちゃや里いも、ごぼうなど、カットや下処理に手間がかかる野菜ほど、冷凍野菜を買うと調理の時短にもなり一石二鳥」

 また、冷凍しづらいミニトマトやきゅうり、青ねぎ、青じそ、パセリなどは家庭菜園で育てているという。

「中玉トマトは、種を取り出して蒔けば、芽が出ますよ」

関連キーワード

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。