マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

“6年で1000万円貯めた”時短節約家が実践 食費を削る「1週間献立ルール」

2022年11月2日 15:00 女性セブン

「1週間献立ルール」で値上がり分を上回る節約を実現できたという(イラスト/藤井昌子)
「1週間献立ルール」で値上がり分を上回る節約を実現できたという(イラスト/藤井昌子)

 止まらない値上げラッシュから家計を守るには、どんなことを実践すればいいのだろうか。「6年で1000万円貯めた」という時短節約家・くぅちゃんに、物価高を乗り越えるための家計防衛術を聞いた。

「結婚当初は夫婦2人で、月の食費が9万円のときもありましたが、いまは、食べ盛りの中学2年生と小学5年生の男の子がいる4人家族で、食費は4万5000円に半減しました」

 そう話すのは、6年で1000万円の貯金を達成し、SNS総フォロワー数16万人という時短節約家のくぅちゃん。

「今回の値上げで、家計負担は年6万円増えるといわれています。そうなると、月に5000円を節約しなければならない計算になりますが、私が実践している“1週間献立表”を使えば、値上がり分を上回る節約効果があります」(くぅちゃん・以下同)

 その秘密は、「1週間献立ルール」にある。

「はじめは、1週間分の献立を時短で作るために、曜日別にメインのおかずのジャンルを決めていました。その後、この献立表をもとに、『食材は「3~7日分」をまとめ買いする』など9つの節約ルールを決め、それを守って必要な食材をまとめ買いすることで、割安に購入できるようになりました。そのルールがいまは節約にも役立っています」

 お総菜や加工品に頼れば高くつくが、買い物に行く前に食材の在庫チェックを行うことで、ムダ買いを防げ、腐らせたり、消費期限切れなどで廃棄する食品ロスを減らすこともできている。

「うちの場合、月曜は魚、火曜は揚げ物、水曜は肉の炒め物や煮物、木曜が麺類、金曜が一皿ものか丼ものの日と決め、週末の土曜は残り物一掃デー、買い出しに行く日曜は、家族の要望に応えるリクエストデーにしています。これは年間ずっと同じで、習慣化しています。食事は自炊が基本。おやつや餃子も手作りしています」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。