ビジネス

孫正義氏の後継者問題 「2大候補」は後藤芳光氏と宮川潤一氏、弟・孫泰蔵氏の名前も

孫正義氏の後継者候補のひとり、ソフトバンク株式会社の社長兼CEO・宮川潤一氏(時事通信フォト)

孫正義氏の後継者候補のひとり、ソフトバンク株式会社の社長兼CEO・宮川潤一氏(時事通信フォト)

 ソフトバンクグループ(SBG)を長く悩ませる孫正義氏の後継者問題。11月に行われた決算説明会で孫氏の口から「私よりも“後藤くん”が中心になるのが適切」と名前があがったのが、最高財務責任者で専務執行役員の後藤芳光氏(59)だ。注目を集める孫氏の後継者争いはどうなるのか──。【前後編の後編。前編から読む

伏兵は弟

 これまで孫氏の後継者はいくつもの名が出ては消えていった。

 2014年、孫氏はグーグルの最高事業責任者だったニケシュ・アローラ氏をヘッドハンティングし、「最重要後継者候補」として副会長に据えた。同氏には総額300億円を超える報酬を与えたが、2016年6月に電撃退任。最近でも、孫氏が招聘したマルセロ・クラウレ氏など、後継者と目された3人の副社長は次々に孫氏のもとを離れている。だが、ここにきて冒頭の発言が飛び出し、後継レースが慌ただしくなってきたのだ。

 経済ジャーナリストの森岡英樹氏は「日本人後継者」を予想する。

「以前は外国人を後継候補にしていましたが、結局は意見が対立して別れてしまう。また、現在のSBGの主力事業であるベンチャー企業への投資事業は、失敗して泥船化すると外国人はすぐ逃げ出す。結果的に後継者は日本人に落ち着く可能性が高いのではないか。そのなかで、後藤氏が有力候補の一人であることは間違いない」

 森岡氏がほかに一目置くのはグループ傘下のソフトバンク株式会社で社長兼CEOを務める宮川潤一氏だ。花園大学文学部仏教学科を卒業した変わり種だが、通信技術のエキスパートでソフトバンクのエンジニアを束ねてきた。

「社長就任時、自腹を切ってソフトバンクの株を買っており、意欲と覚悟がうかがえます。孫さん好みの優秀な技術屋で、信頼度が高い。孫さんの動向次第ではありますが、私は後藤さんと宮川さんが後継者の2大候補であると思います」(森岡氏)

 大穴は孫氏の実弟である孫泰蔵氏。『ガンホー・オンライン・エンターテイメント』を創業し、近年は国内外のスタートアップ企業の支援を行なう。

「孫さんは泰蔵さんに目を掛けていて、弟が東大受験に失敗した時は参考書を買い与え、勉強も指南して東大合格に導いた。直系である泰蔵さんの芽が潰えたわけではありません」(同前)

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。