ビジネス

孫正義氏の後継者に急浮上した“後藤くん”とは何者か?「一言でいうと、財務のプロ」

先日の決算説明会で孫正義氏は「私よりも“後藤くん”(写真右)が中心になるのが適切である」と語った(時事通信フォト)

先日の決算説明会で孫正義氏は「私よりも“後藤くん”(写真右)が中心になるのが適切である」と語った(時事通信フォト)

「後釜がいない」といわれて久しいソフトバンクの孫正義氏だが、ここにきて後継者レースに動きが。孫氏に名指しされた男とその対抗馬たちに注目が集まる。【前後編の前編】

「守りに徹する」
「決算発表でのプレゼンを私がするのは当面の間は今日が最後。最後のメッセージにしたい」

 11月11日、2023年3月期第2四半期決算説明会の冒頭で、ソフトバンクグループ(SBG)の孫正義会長兼社長はこう切り出した。

 これまで孫氏は業績の好不調にかかわらず、四半期ごとの決算を自分の言葉で発表し、SBGのビジョンを伝えてきた。

 そんな孫氏の突然の発言に場内の緊張が高まるなか、こう言葉を続けた。

「日常の経営的な業務は、“後藤くん”を中心に行ない、ほかの経営幹部にも権限を委譲し、オペレーションを継続してもらう」
「今後の経営については守りに徹する。ソフトバンクグループが守りを固めるには、私よりも“後藤くん”が中心になるのが適切である」

 30分弱の挨拶を終えた孫氏は、業績に関する説明を最高財務責任者で専務執行役員の後藤芳光氏(59)に任せて、説明会の途中で退席した。

 全国紙経済部記者が指摘する。

「異例の発言に孫さんの病気引退説まで飛び交ったほどでした。彼自身は健康体であることを強調しましたが、ここまで踏み込んだ発言は珍しい。65歳となった孫さんの後継者争いにも影響するかもしれません」

 SBGを長く悩ませるのが孫氏の後継者問題だ。

「60代で後継者にバトンタッチする」。かねてよりそう公言してきた孫氏だが、ナンバー2は定着せず、60代に入ってますます経営にのめり込んだ結果が“後継者不在”の現状だ。

 2010年7月には後継者育成のため『ソフトバンクアカデミア』を創設したが、12年経過した現在も跡継ぎは現われず。

「アカデミア関係者からは、なんのための創設だったのかと不満が漏れている」(前出・経済部記者)

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。