家計

以前はすぐ売れたのになぜ? フリマアプリ出品者たちが自己分析する「売れなくなった理由」

フリマアプリのトレンドにも変化が?(イメージ)

フリマアプリのトレンドにも変化が?(イメージ)

 フリマアプリなどのネットを介した個人間取引が活発化している。経済産業省の「令和3年度 電子商取引に関する市場調査」によると、個人間ECの2021年の推定市場規模は2兆2121億円で、前年比12.9%伸び率を記録している。このように市場規模は拡大しているのだが、その一方で、不用品を整理するために出品したはいいものの「まったく売れなくなった」と嘆く人たちもいる。以前と何が変わってきているのだろうか。フリマアプリで出品する人たちに、その実情を自己分析してもらった。

「いいね」はされるが、なかなか売れない

 メーカーに勤務する30代男性・Aさんは、メルカリ歴4年。着なくなった衣類や、使わない家電などを中心に出品してきたが、最近は売れ行きが悪いと嘆く。

「僕がメルカリを始めたころは、出品すればほとんどのものが売れた。もちろん値下げ交渉もありましたが、そこまでシビアな感じではありませんでした。最近は『いいね』はたくさん付くけど、売れないことが増えましたね」(Aさん)

 Aさんは、売れ行きが悪くなったのは、昨今の物価高が関係しているのではないかと分析する。

「中古品でも買い控えというか、買い物熱が冷めているように感じます。メルカリでは、送料が値上げされてから、その分を出品価格にも反映する人が多かったでしょうから、それも辛いところです。値下げ交渉は激化していて、無理な価格を提示されるパターンもあれば、『どこまで値下げできるか』と試されることも。結局、捨てるよりはマシ、というぐらいの値段で売り払うこともあります」(Aさん)

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。