ライフ

こんなにCDもらっても… 「推し活」で相手の気持を考えない“迷惑な布教活動”3選

仕方なく持って帰るが…(写真:イメージマート)

仕方なく持って帰るが…(写真:イメージマート)

 自分の「推し」を見つけて、それを応援する「推し活」。最近では老若男女問わず、広がっているが、「推し」への愛が高まったばかりに、よかれと思って熱心な“布教活動”をして、周囲の人に迷惑をかけてしまうケースもあるようだ。そのリアルケース3選を紹介しよう。

知らないグループのCDを押し付けられる

 20代女性・Aさん(会社員)は「CDを押し付けられる」ことが不満だという。

「私の友人女性が、よく知らない男性アイドルグループのCDを会うたびに手渡してきます。『もういらないよ~(笑)』とやんわり断っても、『いやいや、布教だから! マジでもらって』と無理やり押し付けられ、仕方なく持って帰ることを何度も繰り返しました。家にはCDプレイヤーはないし、だからといってわざわざPCで再生する気にもならない。モノとしても家のなかにあって邪魔だし、捨てづらい……。メルカリで売ろうかとも思ったのですが、同じように大量購入しているファンが多いので、全然需要がないんですよ。

 彼女は毎回CDを大量購入するのですが、理由を聞くと『オリコンチャートのため』と、『CDの中に入っている抽選券が必要』というようなことを言っています。本人も処分に困っているから、それを周囲の人に“布教”という体で配るんですよね。いらないので困っています」

「このMVたくさん見て!」と試聴を強制される

 30代女性・Bさん(会社員)は、同じ職場の先輩からの“圧力”に、断りづらい雰囲気を感じている。

「K-POPファンの先輩から、『MVがアップされたから観てあげて~』『できれば30回くらい再生してほしい!』とYouTubeのリンクが送られてきます。韓国語はわからないし、メンバーの見分けもつかないし、まったく興味がないのですが、職場の人間関係もあるので仕方なく観るしかなく……。

 次の日に、『MVいっぱい再生してくれた?』と嬉しそうに聞かれるので、本人に悪気はないんだと思いますが、ちょっと周りが引いていることに気づいてほしいですね」

関連キーワード

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。