マネー

第一線で活躍する女性たちの「本音の年金対策」 あさのあつこさん、荻原博子さん、ショコラさんの“リアルな老後資金との向き合い方”

年金の受け取り方も千差万別(左から、あさのあつこさん、荻原博子さん、ショコラさん)

年金の受け取り方も千差万別(左から、あさのあつこさん、荻原博子さん、ショコラさん)

 老後の暮らしの頼みの綱である「年金」は、金額も受け取り方も千差万別。第一線で活躍する女性たちに「本音の年金対策」を聞いた。

あさのあつこさん:年金は貯蓄し投資で老後資金作り

 あさのあつこさん(69才)は、「作家」という個人事業主だ。65才から国民年金のみを受け取りながら、いまも第一線で活躍している。

「受給している国民年金の直近の金額は月4万5000円足らずです。いまも収入があるので暮らせていますが、年金だけではとても無理ですよね。私自身、いつまで現役で仕事ができるかわからないので、年金は引退後のために手をつけずに預金してあります。

 まだ現役ですし、受給開始を70才まで繰り下げようと考えたこともあるんです。でも、それで本当にプラスになるのかは結局、よくわからない。だから、繰り下げるのはやめました。

 年金制度への疑問があったからこそ、外国株や日本株などいろいろな資産に分散されている投資信託で運用を続けてきました。私は勝負に打って出るよりも守る方が好きなタイプなので、少しずつ増えていくのがうれしくて。3人の子供に少しでも残せるように、これからも続けていこうと思っています。

 お金をどう使うかはどう生きてどう死ぬかとイコール。子供や孫に渡したり、世のため人のために使ったり……それはきっと、一人ひとり違っていい。私自身、いまも考え続けていますよ」

次のページ:荻原博子さん:まだまだ健康なので年金をもらうのはもっと先
関連キーワード

注目TOPIC

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。