マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

トランクルームやコンテナの「物置投資」 実質利回り20%も

2017年4月8日 12:30

 まだ購入したばかりの物件もありますが、今後、稼働率が上がってくれば、年収1000万円を達成できる見込みで、実質利回り20%にもなります。

 この“物置投資”の最大の特徴は、一度埋まれば長期的な安定収入になることです。アパートやマンションだと、入居者が決まればしばらく住んでくれますが、数年で退去してしまうことが多いでしょう。

 特にワンルームなど単身者向けは入退去のサイクルは短くなりがちです。

 しかし、物置利用者は、利用者が入れ替わるたびに短期で解約する人は減り、長期利用者だけが残っていきます。近所に競合の物置が登場し、そちらの利用料が少し割安だったとしても、わざわざ解約して収納している大量の荷物を移して乗り換えようとする人は少ないのです。

 また、入退去があっても、水回りがなく、クリーニングもほとんど必要ないため、安価で済むというメリットもあります。

 そして、初期投資が比較的安いのも“物置投資”の魅力です。例えば、貸しコンテナ3基を設置する標準的なケースだと、初期費用の目安は320万円程度。このなかにはコンテナ代、移設代、看板、照明、その他などほぼすべての費用が含まれます。

 また、20坪の標準的なトランクルームの場合も320万円程度で始めることが可能です。期間は7~8年、長くても10年程度ですが、日本政策金融公庫で融資を受けることもできます。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。