マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

フリーターから1000万円取る銀行カードローン詐欺の手口

2017年6月8日 16:00

カードローン詐欺は手が込んでいる(写真:アフロ)
カードローン詐欺は手が込んでいる(写真:アフロ)

 銀行のカードローンを舞台に詐欺が頻発している。だが、当の銀行は抜本的な対策を講じられずにいる。ジャーナリストの藤野眞功氏が、卑劣な犯罪グループの手口を追った。

 * * *
「自分たちからは言い出せないから、“外”からやってくれないか」

 大手行のセキュリティ担当者が資料を渡してきたのは、2014年末。聞けば、都内の企業A社に勤める複数の社員たちが、カードローンで、各自1000万円前後を借りたあげく、次々に返済が滞り、「自己破産する」と言い出しているらしい。しかし、これだけでは珍しくない。

「カードを作った時期が集中していたから、その企業を調べたら、そもそも誰も『社員』じゃなかった」

 担当者によれば、申請には、“偽造”された源泉徴収票や給与明細が使われたという。

 融資段階で、彼らの在籍確認はしたのか?

「本人への電話確認も、企業への電話確認もしていた。社内調査では、このケースの全員について『(企業から)在籍している』と言われたと。ところが、あらためて企業に問い合わせると、誰も在籍しておらず、審査時の問い合わせ電話に、その企業の誰が応対したのかも分からなかった。

 企業は、勝手に名前を使われただけだという。だから滞納者に直接聞いたんです。そうしたら、カードローン詐欺を専門にしている犯罪グループがあって……これ、かなりヤバいですよ」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。