マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FX

利上げ直後のドル円上昇を示していた“ダイバージェンス”とは何か?

2017年6月23日 20:00

 なぜなら、6月のFOMCにおいて「年内にもう1回利上げする」という見通しが発表されているからです。仮にアメリカ経済が本当に悪い状況にあるのならFRB(米連邦準備制度理事会)は年内に利上げする可能性を今の時点で排除するはずです。

 ですから、利上げ見通しが出されている、という事実から「少なくともアメリカ経済はひどい状況にない」ということが想定されます。そして、「中長期的に見て、ドル円相場は買いの状況が依然として継続している」と私は考えています。

 ただ、私はトレードをする際には、こういったファンダメンタルズに基づく予測にあまり重きを置いていません。結局未来に何が起こるのかということは、誰にも分からないからです。そして、ファンダメンタルズよりも、テクニカルツールを使ってチャートをしっかり分析することを大切にしています。

相場とツールが相反した動きを見せるダイバージェンスとは?

 もちろん、テクニカル分析にも賛否両論ありますし、否定的に捉える方もいるでしょうが、私としてはきちんとテクニカル分析を学べば、誰もが才能など関係無く利益に結びつけられると考えています。

 例えば、上で紹介したアメリカの指標が発表され、そして利上げが発表された際に、私がトレードを教えている生徒さんが、「先生、ドル円相場4時間足のRSI、ストキャスティクスで、“買いのダイバージェンス”が発生していますね」と連絡をくれました。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金、決済に関する記事

FXトラリピ最強トレーダーの2020年一押し通貨ペアとは
年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。