マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

がん保険 がん治療は進化するため5年をめどに見直しを

2017年7月9日 16:00

 今、注目のがん保険を5つ紹介しよう。

◆『ガードエックス』(メットライフ生命)

 手術、放射線治療、抗がん剤治療の三大治療のいずれか1つでも治療を受けた時、100万円を支給。がんの診断が確定した場合は以降の保険料が免除される。40才男性の場合、月額保険料2813円でがん治療費100万円を保障(ホルモン剤治療付き)。

◆『がん保険 自由診療タイプ』(SBI損保)

 先進医療、自由診療を含め、実際にがん治療にかかった費用をすべて補償。通院治療費は最大1000万円。40才男性の場合、月額保険料900円(がん診断保険金なし)。

◆『アクサの「収入保障」のがん保険』(アクサ生命)

 がんの診断が確定した場合に、収入保障年金が支払われる。診断後の保険料支払いは免除に。40才男性の場合、月額保険料6048円で年金120万円を保障(年金支払5年間、65才満了)。

◆『終身ガン治療保険プレミアム』(チューリッヒ生命)

 放射線、抗がん剤治療、ホルモン剤治療を受けた時、月額給付を回数無制限で保障。40才男性の場合、月額保険料1720円(月額20万円、特約なし、終身払い)。

◆『新 生きるためのがん保険 Days』(アフラック)

 がんと診断された時、一時金100万円を給付。入院しなくても三大治療を保障し、通院費用も日数無制限で保障。40才男性の場合、月額保険料4310円で入院給付金日額1万円(Aプラン、終身払い)。

※女性セブン2017年7月20日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

FX自動売買おすすめ一括比較!初心者の始め方なども紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。