マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

趣味としての「将棋」にかかる費用 数千円でプロと対局も

2017年7月28日 16:00

将棋はあまりお金がかからない趣味
将棋はあまりお金がかからない趣味

 人間誰しも息抜きは必ず必要。しかしゴルフ、カメラ、車、スキー……人気がある趣味は、どれもお金がかかるものばかりだ。何とかお金をかけずに余暇を楽しく過ごす方法はないものだろうか。40代の男性Sさんの趣味は「将棋」だ。アマ2段の腕前を誇るSさんによれば、将棋は“あまりお金がかからない”趣味らしい。

「私は、小学校低学年の時に友達からルールを教えてもらい、将棋を覚えました。将棋盤と駒は家にあったものを使い、ルールや戦法などは友達や図書館から本を借りて覚えたので、子ども時代は1円もかかっていない計算になります」(Sさん。以下「」内同)

 その後、しばらくは将棋から離れたものの、10年前に転職した会社の上司に将棋好きがおり、一気に将棋熱が再燃。今や会社では将棋部に所属し、休日には将棋サロンに足を運んで他流試合に臨んでいるという。

「オフィスには将棋部の備品の将棋盤、駒、チェスクロックを置いているので、昼休みによく将棋を指しています。年1~2回、1泊2日の将棋部の合宿がありますが、部活動には会社の補助が出るので、ほとんどお金はかかりません。休日に足を運ぶ将棋サロンは利用料が1日1000円。それに昼ごはんの出前、タバコ代、ジュース代で合計2500円ぐらいですね」

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。