マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

趣味としての「将棋」にかかる費用 数千円でプロと対局も

2017年7月28日 16:00 マネーポストWEB

 ここまで聞くと、とことんお金がかからない将棋だが、Sさんは“贅沢”も楽しんでいるという。

「数年前に、将棋の駒で有名な山形県の天童市に将棋部の仲間と遊びに行き、10万円もする手掘りの駒を買いました。それから年に数回、関東近郊のデパートなどで開催される“将棋まつり”に出かけて、プロ棋士と指導対局を楽しんでいます」

 デパートなどで行われる将棋まつりでは、2000~3000円を払うとプロ棋士と対局(指導対局)ができ、Sさんはすでに30人以上のプロ棋士や女流棋士と対局したことがあるそうだ。Sさんの将棋人生を総合すると、大きな出費が、

・将棋の駒 10万円
・指導対局 2500円×30人=7万5000円

で、その他のランニングコストが、

・将棋サロン 年20回=5万円
・将棋雑誌購入費 800円×12か月=9600円

となり、合計77万1000円。将棋熱が復活してからの10年間で、出費は月6500円程度という計算だ。しかもこの額は、さらに減りつつあるという。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。