マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

年間数百本の映画を見る男性が実践する「映画料金節約テク」

2017年9月12日 17:00 マネーポストWEB

「特に計算はしたことがない」というTさんだが、「最低でも週2本はTOHOシネマズで映画を見る」というので、週2本=年100本で計算してみよう。

 正規料金ならば、年間の映画鑑賞代は1800円×100=18万円だが、『シネマイレージ』により、6回見ると1回はタダになるので、100回のうち16回は無料になり、1800×84=15万1200円。

 しかも、1回あたり100マイル(=100分)で計算しても、1年経たずに6000マイルが貯まり、『1か月間フリーパス』がもらえるので、1本あたりの料金はさらにグッと下がる。また、シネマイレージに登録していると、火曜日は1400円で見られるので、そこでも節約できる。そんなTさんだが、意外な節約法があるという。

「私はこまめに試写会に応募しており、かなりの確率で当たります。おそらく月に1回は当たっていると思います。もちろん最大のコツは、“数を打つ”ことなのですが、もう1つ自分なりの作戦があって、必ずハカギで応募しています。印象としてはネットよりは新聞、新聞よりは雑誌の方が当たりやすいように思います。後は些細な節約になりますが、映画館で飲み物や食べ物はまず買いません。映画館の中で買うとべらぼうに高いじゃないですか? それならパンフレットを買う方を選びます」

 Tさんは自営業で、時間の融通が利くという特殊な事情もあるが、映画を年に数百本、スクリーンで見ても、月あたりの出費はせいぜい2万~3万円。Tさんは、「(正規料金の)1800円を払う価値がある映画はなかなかない」と辛口だが、「やはり映画は映画館で見るべき」との持論を曲げる気はないそうだ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。