マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

「Xbox One S」で4K対応ブルーレイ再生も AV機器として使えるゲーム機の魅力

2017年9月29日 16:00 マネーポストWEB

 家庭用ゲーム機として初めてUltra HD Blu-rayに対応したXbox One S。もっとも安い500GBモデル『マインクラフト』同梱版の定価は2万7759円(税別)。税込みでも3万円を割る値段である。

 一般的なUltra HD Blu-ray対応のハードディスクレコーダーは、安いモデルでも5万円台。そう考えると、Xbox One Sはかなり安い部類に入ることがわかる。

 Xbox One Sにはテレビチューナーも録画機能もないが、Ultra HD Blu-rayのためにハードディスクレコーダーを買い換えるよりは、相当安上がりで済むこととなる。もちろん本来の目的であるゲームも楽しめるわけだから、ライフスタイルによっては非常にお得感があると考える人もいるだろう。

AV機器やネットツールとしても使えるゲーム機

 Xbox One SのUltra HD Blu-ray再生機能のように、ゲーム以外の機能を目的にゲーム機を活用するというケースは少なくないようだ。40代のサラリーマン男性はこう話す。

「確か2001年くらいでしたが、DVDプレイヤーが欲しくて、PlayStation2を購入しました。当時のPS2の定価は39800円で、DVDプレイヤーは10万円近くしていたはず。ゲームもできてDVDも見られるということで、同じような目的でPS2を購入している友人も多かったですね」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。