マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

「ダブルベッドなのに布団はシングル」他、宿泊施設の布団・ベッド珍事件簿

2017年10月4日 16:00

 新潟県のスキー場に真夏に泊まった際には、「1人です」と言ったのに、部屋に入ったらベッドが6台並んでいました。精算時にフロントでその理由を尋ねたところ、ホテル内にはスタジオがあり、スキー場のシーズンオフには、大学のダンスサークルや音楽サークルが合宿所として利用しているとのこと。宿にはシングルやツインの部屋もあるものの、夏季は基本的に使用されないため、そのような部屋に案内されたのでした。

 島根県に仕事に行った際に泊まった某駅前のホテルは、入り口に「シングル3900円」「ダブル3900円」「ツイン3900円」という看板が掲げられていました。寝相の悪い私は、値段が同じならと思いダブルを希望し、鍵を受け取って部屋に入ると、布団が何とも不思議な状態になっています。ベッドは確かにダブルなのですが、そこに敷かれていた布団はシングルでした。

 同じホテルに泊まっている仕事仲間と夕食を食べる際、自分の部屋の謎について言うと、その人はツインの部屋に泊まっており、「(1人なのに)朝食券を2枚もらった」とのこと。

 特に不具合はなかったのですが、「ダブルなのに布団がシングルなのは“ダブル”なのか」「その部屋に2人で泊まったら布団はダブルに変えてもらえたのか」「ダブルの布団はそんなに高いのか」「ツイン=朝食券2枚は単なる間違いなのか」「そもそも価格体系がおかしい」など、疑問は尽きず、いまだに“自分史上もっとも謎なホテル”として強く印象に残っています。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。