マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

大人の財布はどっちがいい? 長財布派vs二つ折り派、それぞれの言い分

2017年10月8日 11:30

長財布は“デキる大人”のイメージが定着?
長財布は“デキる大人”のイメージが定着?

 かつて、『稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?』という本が累計26万部を超えるベストセラーとなり、大きな話題となった。同署は“稼ぐ人”が実践している財布の使い方を紹介する内容で、「お財布をキレイに使う」という共通のルールを紹介している。著者の亀田潤一郎氏は、ニュースサイト『ITmedia エグゼクティブ』内の「稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?」という著書と同名の記事の中で、その真意をこう解説している。

〈お札を折り曲げることなくきれいにしまえる『長財布』を使うことによって、大切なお金を丁寧に、美しく扱う基本の心掛けが備わるからです。そして、この気持ちこそが、お金を引き寄せる一番の秘訣だったのです〉

 それでは、実際に長財布を使っている人たちは、お金とどう付き合っているのか。都内在住の男性会社員Aさん(30)は、こう語る。

「長財布に変えてから3年くらいになります。当時付き合っていた彼女が、誕生日プレゼントとしてブランドものの長財布を買ってくれたのがきっかけでした。正直ちょっと重いし、ポケットに入れられずにかさばるので、使いやすいとは言えません」

財布が変わったことで金銭事情に何か変化はあったのだろうか。Aさんが続ける。

「長財布にしたら存在感がある分、財布からお金を使うことを否応なしに意識するというか。いくら入っているのか、財布を開いた瞬間にお札の枚数がいちいち目に入ってくるので、以前よりも金銭感覚はシビアになったような気はします」(Aさん)

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金、決済に関する記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?
年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。