マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

主要ポイントカード会社4社のセキュリティを徹底比較

2017年11月12日 16:00

 1兆4440億円。2015年に日本で発行されたポイントの金額だ(矢野経済研究所調べ)。Tポイントに代表されるショッピングポイントは、買い物だけでなくヘアサロンやネイルサロンなど、使用できる場所も増え、私たちの生活の助けとなっている。だが、今、そのポイントが盗難の危機にさらされている。

 各社がポイント情報を管理するサーバーに不正アクセスし、数百万円分ものポイントを盗み取る犯罪が多発しているのだ。元ハッカーでネットセキュリティに詳しい石川英治氏が語る。

「近年、不正に入手した他人のIDとパスワードを使って、各種ポイントが盗まれる事件が多発。この犯人はネット界で『ポイント窃盗団』と呼ばれています」

 管理が面倒くさいからと、複数のポイントの管理サイトで同じIDやパスワードを使用するユーザーが多く、それらのIDやパスワードといった個人情報がリスト化されて出回っており、ネットで手軽に手に入れられてしまうと、石川氏は言う。

 犯人は入手したリストのIDやパスワードをハッキングプログラムを使って、不特定多数のサイトに片っ端から入力。ログインできたアカウントから個人情報やポイントを盗み取るという仕組みである。

 にわかに気になってくるのが、自分がポイントを貯めているカード会社のセキュリティ状況。そこで、Tポイント、楽天スーパーポイント、Pontaポイント、WAONポイントという主要ポイントカードについて、4社の「セキュリティ」を徹底比較した。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

週に1回設定を見直すだけの「シューイチFX」で年利40%を本気で目指す
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。