マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

競技人口増加で拍車 フィギュア選手たちが直面する「お金」の問題

2017年11月20日 16:00

“ポスト・浅田真央”の呼び声も高い本田真凜(撮影:T-HONMA)

 実際、関西大学に2006年、中京大学に2007年と相次いでスケートリンクが新設され、宮原や本郷らが成長を遂げた。

 ネットの普及も、技術の向上に一役買った。いつでもどこでも好きなときに、名選手のスケーティング動画が研究できる。

「私の小さい頃は、世界選手権や五輪などをビデオに録画して見ていましたが、今はインターネットのおかげで、名選手の滑りをすぐに動画で“勉強”できるようになりました。ジャンプのタイミングやステップの踏み方など、さまざまな時代の名選手を参考にし、自分に合ったものを取り入れていくことができるからこそ、レベルの進化も目覚ましいのでしょう」(中野さん)

 さらに、本田武史(36才)や村上佳菜子(23才)など、自身の経験を生かし指導者として活躍する元フィギュアスケーターも増え、広がったフィギュア人口を受け止めている。

 また、今の選手たちの特徴は“見栄え”が良いことである。フィギュアスケートに詳しいスポーツジャーナリストの野口美恵氏が語る。

「今の子供たちは、もともとスタイルが良い上に、質の良い筋肉を身につけています。インナーマッスルを鍛えればスケートはできるということがわかってきたんです。ですから、細く美しい体形を維持しながらも、科学的な研究を踏まえて必要な筋肉をバランスよくつけています。フィギュアは採点競技ですから、“美しさ”は重要な要素です」

 さらに選手たちの間に「スケートの技術以外で、自分をどう魅せるか」という意識も広がってきた。

「衣装やメイクを意識する選手が増えています。その筆頭が、本田です。化粧品メーカーのCMに出ているだけあって、メイクにはかなりこだわっていて、大会のときのヘアメイクは自分でしているそう。衣装デザイナーへの注文もかなり細かいと聞いています」(前出・スケート連盟関係者)

FXにも挑戦したい人必見! 初心者向きFX記事まとめ

株式投資注目記事

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 外資系保険会社の外交員がFXで1000万円以上稼いだ方法とは
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。