マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

競技人口増加で拍車 フィギュア選手たちが直面する「お金」の問題

2017年11月20日 16:00

競技人口が増えたことで新たな「カネ」の問題も

 技術と環境の向上でさらに白熱するフィギュア界だが、その裏には私たちが目にすることのない苦悩もある。

 まず「カネ」の問題である。伊藤みどりの時代から、フィギュアスケートは「カネ」のかかるスポーツとして有名だったが、その傾向はさらに強まっている。その代表例がシューズである。

「以前は1足2万円前後が相場だったシューズの値段は、フィギュアブームの影響からか高騰し、今は5万円ほど。トップを目指す選手であるほど、優れた品質のシューズが必要となり、1足10万円もする、さらに高額なシューズを履いています。

 しかも、今は高度なジャンプを跳べなければ世界と戦えない時代に突入したため、ジャンプの練習が増えている。そのため、以前なら1年に1度買い替えていたものが、4か月程度に短縮されました。確実に金銭面の負担は増しています」(あるジュニアの指導者)

 競技人口が増えたことも新たな「カネ」の問題を引き起こしている。

「練習用のスケートリンクの絶対数が不足しています。カナダ・トロントには冬場、100近いリンクがありますが、東京の通年リンクはわずか4つだけ。カナダに比べ、気候が温暖な日本は、リンクの運営費がかさむため、これ以上増やすことができない。結果、少ないリンクを多くのスケーターが奪い合うことになってしまった」(野口氏)

 フィギュア界全体のレベルが底上げされた今、練習量を増やすことが実力向上には必要不可欠である。

「トップを狙う選手たちは、ライバルたちより1秒でも多い練習時間を確保しようという強迫観念に駆られて、以前は週に1回程度だった“スケート場の貸し切り”を連日行うようになった」(前出・あるジュニアの指導者)

不動産売却の完全マニュアル

不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心! プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産査定とは?マンション・戸建て・土地で違う査定基準
不動産査定とは? マンション・戸建て・土地で違う査定基準

初心者向け「FX」の記事まとめ

サラリーマン向きFX 3か月で50万円の利益をあげた自動売買
忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けた個人投資家
金利7.5%のメキシコペソの魅力とは 他の高金利通貨と比較

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。