マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

旅行チラシ、「最安値」「サーチャージ不要」の落とし穴

2017年12月5日 15:00 女性セブン

【2】燃油サーチャージ不要でも荷物は別途料金

“サーチャージ不要!”と大きく記されたチラシにも、実は落とし穴が潜んでいる。

「サーチャージとは海外渡航の際にかかる燃料加算金で、『不要』と記されていても実は荷物で別途料金が発生したり、空港使用料がかかったりすることがあります。お得感を出す戦略として、サーチャージを不要と表記したり、逆に、旅行代金そのものを安く見せるためにサーチャージを含めない、などいろいろなパターンがあります。詳細をよく確認しておきたいところです」(旅行業界関係者)

【3】子供も大人料金に!?

「子供料金が設定されている旅行には、はっきりと“子供料金”と表示があり、これを事前にチェックしておくことが大事です。宿泊代、美術館や博物館のチケット代など、子供料金が適用されないものもあるからです。不安であれば、電話で問い合わせすべきでしょう」(中村教授)

※女性セブン2017年12月14日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。