マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

相続申告で税務署員が血眼で調べるのは「預貯金」 誠実さが調査に影響

2017年12月6日 15:00 週刊ポスト

「預貯金とは別に、現金も申告する必要があるが、その金額の算定は“相続人の申告を信用できるか否か”という判断に委ねざるを得ない部分がある。その際には、他の申告項目が正確で誠実であるかが影響してくる。特に死亡直前に引き出した現金の行方を曖昧にして申告書に反映していないと必ず調査の対象となる」(同前)

 タンス預金でもある程度はKSKシステムで把握されているから、過少申告できるわけではないが、人(職員)が算定するからには、“申告者の信用”がモノを言うこともあるようだ。

※週刊ポスト2017年12月15日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。