家計

消費税10%へ──増税前に「買い」の商品、「様子見」の商品は?

賢く買い物して消費税増税に対応したい

「消費税10%」が既定路線となった今、庶民は対策が求められている。ファイナンシャル・プランナーの花輪陽子氏が、多くの商品を例に「増税前に買い」か、「様子見」かをアドバイスする。

 * * *
 2019年10月、消費税率が10%に引き上げられる予定です。2%の差は大きいので、買い物はなるべく早くから準備して、安いうちに買っておきたいと思っている人もいるでしょう。でも、ちょっと待って。

 様々な商品を、
【1】消費税増税に伴って、必ず値上がりするであろうもの
【2】値崩れしにくく、消費税増税前に買っておいてもよいもの
【3】値下がりする、または値引きされることが多く、消費税増税分がそのまま値上がりするとは限らないもの
 の3つに分けて考えましょう。【1】と【2】は、消費税増税前に購入することを検討してもいい商品です。【3】は、増税直前に駆け込みで購入しても得するとは限らないので、慌てて買わないで必要性に応じて吟味しましょう。以下、詳しく見ていきます。

【1】消費税増税に伴って、必ず値上がりするであろうもの

 以下のような商品は、消費税増税分がそのまま値上がりする可能性が高いと言えます。

 定期券/回数券/新幹線のチケット/国内便の航空券/アミューズメントパークのチケット(ディスニーランド、ユニバーサルスタジオなど)/書籍・雑誌/デパートで定価購入する化粧品/美容サービス/保険の効かない医療費(ホワイトニング、人間ドックなど)/カルチャースクールや学習塾の費用/カタログギフト/ブランド品/一部の缶ジュース/常備薬やコンタクトレンズ/たばこ/冠婚葬祭費用(結納、結婚式)/家族写真サービス

 特にアミューズメントパークのチケットは価格そのものも右肩上がり傾向になっており、便乗値上げされる可能性もあります。チケットの有効期限を確認して増税・値上がり前に購入しておくのも手です。ほかの商品も、有効期限や賞味期限に気を付けて、購入を検討してもいいと思います。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。