マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

お歳暮、おせち…年末の「早割」を使った賢い買い物術

2017年12月12日 15:00 女性セブン

 特筆すべきは西友で、24日までの早割期間中、ネット注文限定で最大50%オフ商品が登場している。中には5000円のギフト商品が2500円で販売されているケースもあり、早割の魅力をまざまざと見せつける。早割で買うべきものについて、丸山さんはこう話す。

「やはりお歳暮とおせちは早割での購入がおすすめです。早割の期間中であれば送料無料のお店や、割引に加えポイント還元率が増加する店がありますから。クリスマスグッズも早割の対象になっていることが多いので、この時期に買いそろえておいた方がいいでしょう。ケーキの予約も同様です」

 おせちに関しては、万一早割で買い逃したかたも、最後のチャンスが大晦日に残されている。消費生活アドバイザーの村山らむねさんが語る。

「31日の夕方4時以降になると、格安でおせちを放出しているお店があります。ただし、これはある種のギャンブル。売っていない、あっても欲しいものではないという可能性もある。基本は、早割を利用して購入した方がベターです」

 このほか、冷凍食品や肉の買いだめも、クリスマスの週の前に終わらせておきたい。

「23日からはチキンなどの価格が上がるうえ、売り切れの可能性も高くなります。今年でいえば18日、19日の土日が買いだめのラストチャンス。早割を利用して、この2日で決着をつけましょう」(村山さん)

 ここを逃すと、年明けまで苦労しそうだ。

「クリスマスが終わると、売り場は一気に正月ムードになります。食品売り場がかまぼこや数の子で埋め尽くされ、野菜も三つ葉やくわいなどお正月に使う物が優先されて、普段の食材が買いにくくなってしまいます」(村山さん)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。