マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

「死ぬまで働く」時代、高齢者でもできる“おいしい仕事”の筆頭は?

2017年12月29日 16:00

高齢者も働かなくてはならない時代へ

「一億総活躍社会」に「人生100年時代」と安倍政権が次々にキャッチフレーズを打ち出しているが、その裏にある本音は「死ぬまで働いて欲しい」というものだろう。年金受給開始年齢を70歳以降にするような引き上げ議論も進み、高齢者にとってみればこの先避けようがない事態かもしれない。

 60歳で定年を迎えてから5年間は再雇用でなんとか乗り切ることができたとしても、そこまでに十分な貯蓄ができていなければ、年金受給開始までの“空白の期間”を乗り越えることはできない。やはり、65歳以降でも何かしらの仕事を見つけて働かなければならないのだ。

 とはいえ、高齢になれば若い頃と違って体力的な限界も出て来るため、できる仕事も限られてくるだろう。あまり体力を使わずにそれなりの報酬がもらえる“おいしい仕事”などあるのだろうか? あるファイナンシャルプランナーは、こう耳打ちする。

「資格があれば一生食いっぱぐれないといわれます。その中でも、資格の難易度と仕事の多さのバランスから、たとえば宅建(宅地建物取引士)などが有力視されます。ただ、実際には仕事はあるけどそれほど儲からない職種かもしれません。

 それよりも不動産関係なら、宅建士のような資格が要らない不動産賃貸管理のほうが注目です。業務は、月々の家賃の入金確認や精算、賃貸募集、退去時の処理、エアコンが壊れたとかトイレが詰まったといったトラブルが起こった時の対応といった内容。管理する物件が100戸あれば、家賃が月平均5万円として賃貸管理手数料は月500万円の5%=25万円の月収となる計算です」

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。