マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

不動産

マイホームは「一生住むもの」という考えの落とし穴

2018年1月4日 15:00

 実際、「出口」を考えずに手を出すと、後で痛い目に遭うケースも増えている。人口減少社会に突入した現在、郊外であったり最寄駅から離れているような不便な立地の物件は買い手が減っており、叩き売りされている物件もあります。それこそ地方のリゾートマンションのなかにはタダ同然でも買い手がつかない物件がある。そんな物件でも手放せない限り、管理費・修繕積立金や固定資産税・都市計画税はかかり続けます。そんな物件を子どもが相続させられてもありがた迷惑かもしれません。

 都内のマンションなどでも、時間が経てば経つほどその価値が下落することが一般的です。特に築後15年、20年くらいまでにかけ急ピッチで価格が下落するケースが目立ちます。

 とはいえ、都内のマンションなどは現在のようなバブルを引き起こしやすい政策が取られる時期には値上がり傾向も見られます。そうした時期であれば、築後10年くらいのタイミングで売ってしまうことで、購入価格を上回る値段で売ることも期待できます。もちろん十分に割安に購入していることが条件ですが。

 万が一、何かあった時に慌てふためいて売ろうとしても売れないようになる前に、あらかじめ「出口」を考えて買っておく。それこそが人口減少ニッポンにおける賢いマイホームの選び方ではないでしょうか。

「不動産」関連記事

【無料】不動産を売るなら信頼できる不動産会社に一括査定依頼【LIFULL HOME'S】
【無料】不動産を売るなら信頼できる不動産会社に一括査定依頼【LIFULL HOME'S】
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金、決済に関する記事

LINEで手軽に株投資! 初心者でも始められる「LINE証券」の特徴を紹介
年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。