マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

曇って外が見えない、他 「冬の18きっぷ旅」あるある5選

2017年12月24日 11:00

雪のホームでの急ぎ足は大変危険

 鉄道旅行を楽しみたい人にぴったりなのが、JRが発売している「青春18きっぷ」(以下「18きっぷ」)だ。18きっぷは、1回分で日本全国のJR線の普通・快速列車の普通車自由席が1日乗り放題となるもの。「18きっぷ」をこれまで100回以上利用し、北海道から九州まで日本全国のJR線をほぼ乗り尽くした鉄道旅行マニアの男性(40代)が、18きっぷ利用者が遭遇する「18きっぷあるある」を解説する。

【ドアを閉めなくて怒られる】
 都会の人間は、「ドアの開け閉め=車掌がやるもの」と思っていますが、地方ローカル線に行くと、自分でボタンを押して開け閉めするもの、さらにもうワンランク進むと、手動で開けるものも珍しくありません。特に冬場は乗ったは良いが、そのまま開けっ放しにしていると、せっかくの暖気がどんどんと逃げてしまいます。後ろを確認して、乗り降りがないようであれば、すぐに扉を閉めましょう。

【ドアを開けなくて怒られる】
 路線によっては、途中からドアの開け閉めを自分でするようになる所もあります。「駅に着いたけど、扉が開かないなぁ。まぁいいや。何かあったんだろ。もうすぐ開くだろ」──乗った時は開け閉めを車掌さんがしてくれたので、そうだと思いこんでドアが自動で開くものだと思っていると、下手したらそのまま列車は発車してしまいます。

【曇って外が見えない】
 鈍行列車旅の最大の魅力といえば、何と言っても車窓からの景色。鉄道の乗りつぶしを趣味にしている人は、景色が見える昼に乗った路線しか、乗ったこととしてカウントしない人もいるほどです。しかし、寒い北国などに行くと、人の熱気で車内がムンムンし、窓が曇って外が見えなくなってしまいます。頻繁に窓をゴシゴシと拭くのはやや気恥ずかしく、手もビチョビチョになるし、けれども外の景色は見たいし──悩ましいものです。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。