マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

つみたてNISA 分散運用で最適ポートフォリオにできる

2018年1月30日 19:00 週刊ポスト

 その具体例として挙げたのは、「DCニッセイワールドセレクトファンド〈標準型〉」(運用会社・ニッセイアセットマネジメント)。国内外の債券と株式という4つの指数をベースにしており、過去1年の騰落率は10.7%(2017年12月末現在)と堅調だ。

 銀行各社に取材すると、第一に紹介される商品もやはりバランス型だった。

「お客様が迷ってしまうことを避けるために商品数は3つに絞っており、特にバランス型のたわらノーロードバランス(アセットマネジメントOne)が主軸」(みずほ銀行広報室)、「店頭で扱うのはつみたて8資産均等バランス(三菱UFJ国際投信)など4ファンド。資産分散が図れるラインアップを取り揃えています」(三菱東京UFJ銀行広報部)

 より増やしたい、と考える人にはどのような選択があるのか。深野氏の話。

「3万円の中でバランス型を中心に、好調な米国の株価指数に連動する商品や新興国株に投資する商品を織り交ぜる選択肢もある」

 深野氏が前者の例として挙げるのが「iFree S&P500」(大和証券投資信託委託)、後者では「ニッセイ新興国株式インデックスファンド」(ニッセイアセットマネジメント)だ。

※週刊ポスト2018年1月26日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。