マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

幼児期から大学まで 私立・公立別に教育費シミュレーション

2018年1月22日 15:00

【中学校】公立私立問わず、制服代や部活動費がかかり始める。
*3年間の教育総額は、私立で約398万円、公立で約143万円。

 私立は高校受験がない分、塾代は抑えられるが、修学旅行・遠足費などが公立の約3倍かかる。学校までの通学交通費も含めて、総額では私立は公立の2倍以上に。また、公立・私立問わず、中学からかかるのが、制服をはじめとする学校指定品や部活動費。入る部活によっては、遠征費・ユニフォーム・道具代は想定外の出費に。

【高校】公立高校の授業料は公立中学の授業料より安い!
*3年間の教育費総額は、私立で約311万円、公立で135万円。

 2010年から高校の授業料無償化が開始。さらに2014年から公立私立ともに所得に応じて就学支援金を受けられるようになったため、公立高校は中学より授業料が安くなる計算に。とはいえ、私立の学費は公立の2倍以上かかるのは変わらない。私立高校を進学する場合は、事前の予算立てが必須だ。

【大学】国公立大学も今や決して安くない!
*4年間の教育費総額は、国立の自宅外からで約816万円、自宅からで約527万円、私立文系の自宅外からで約923万円、自宅からで662万円、私立理系の自宅外からで約1064万円、自宅からで約799万円。

 ここ数年、国公立大の入学金・学費が上がっており、私立との総額差は約140万円に。県外に住む学生に関しては学費が高くなる国公立も多く、仕送りも含めると私大より割高に。

※教育費の総額平均データは、ファイナンシャルプランナー竹下さくらさんの著書『「教育費をどうしようかな」と思ったときにまず読む本』より一部抜粋。平成28年度の文部科学省「子供の学習費調査」も参照。

※女性セブン2018年2月1日号

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。