マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

今年のIPO件数、ソフトバンク上場の影響で前年より減少か

2018年2月13日 7:00

 個人投資家のリスクマネーは引き続き健在であると思われるので、2018年もIPO市場の活況が続くと予想される。2018年のIPO件数は、当初、2017年よりやや増えて100程度が予想されている。その中にあって、ソフトバンクグループが傘下の携帯事業会社であるソフトバンクを秋頃に東証1部にIPOさせる方針を固めたと報じられている。しかも、資金調達額は過去最大規模の2兆円程度になる見込みだという。

 それが正式決定となれば、少なくとも同じ時期、すなわち2018年秋頃にIPOを目指していた企業がソフトバンクの資金調達額を懸念して、IPO時期を先延ばしすることが考えられる。そのため、その影響もあって、2018年のIPO件数は結果的に2017年より減少する可能性もあると見ている。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。