マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

59歳の選択 今の会社で再雇用or別会社に再就職、どちらが得か

2018年3月8日 11:00

再雇用か再就職で「年金と保険」がこれだけ変わる

 大手メーカー勤務のAさん(59歳)は定年を前に大きな選択を迫られている。今の会社に再雇用され、65歳まで働くことはできるが、長い付き合いの取引先の社長から「わが社の顧問にならないか」と誘われたからだ。

 Aさんは3年前の役職定年で降格し、元部下が上司となった。その頃から、やりにくさを感じていたという。

「いわゆる窓際扱いです。仕事にはさほど不満はないが、上司とはしっくりいっていなかったから、疎外感を感じていました。今では転職もいいかなと思い始めています」

厚生年金に入れない

 転職(再就職)を持ちかけてくれた取引先の社長は「在籍中の会社で再雇用される場合と同じ給料を払う」と約束してくれた。だが、顧問は非正規雇用になるため、社会保険はつかず国民健康保険(国保)に加入することになる。また、転職先が非正規雇用であれば、厚生年金に継続して加入するのは難しく、将来もらえる年金額に影響する。

 我慢しながら今の会社に残るか、新天地に「再就職」すべきか。その決断は、その後の「収入」を大きく左右するのだ。

 再雇用であっても現在の会社で正社員として65歳まで働けば、非正規に転職するより厚生年金の加入期間が5年間長くなり、それだけ受給額が増える。その差は大きい。

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。