マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

キャリア

59歳の選択 今の会社で再雇用or別会社に再就職、どちらが得か

2018年3月8日 11:00 週刊ポスト

福利厚生でも差が出る

“年金博士”こと社会保険労務士の北村庄吾氏が指摘する。

「勤続35年の標準的サラリーマンの厚生年金加入期間が再雇用で5年間延びると、65歳からもらえる毎月の年金受給額は2万1000円ほど増えます。非正規の転職の道を選んだ人と給料は同じでも、65歳から85歳までの20年間を考えると生涯年金額に372万円の差がつく。さらに健康保険の保険料も会社が半分を負担する企業の健保組合は、国民健康保険料の半額ほど。この負担も毎月数千円違ってきます。健保組合には人間ドックが無料になるなど福利厚生面でも大きな差があることが多い」

「次は新天地で働きたい」と考えていたとしても、Aさんのようにスカウトの声がかかるならまだ恵まれている。現実には、会社の再雇用を断わってはみたものの、なかなか希望の職種や賃金の正社員の仕事はみつからず、やむなく不本意な非正規の仕事に就くしかなかったというケースは多い。

 現在、企業は社員が希望すれば65歳までの雇用を義務づけられている。60歳以降も会社で働くのはサラリーマンの“権利”なのだ。それでも再就職を選択するなら、転職先に経済的メリットを投げ打つだけの魅力があるかを冷静に見極める必要がある。

※週刊ポスト2018年3月16日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。