マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

万年筆派と安いボールペン派 筆記具のそれぞれの考え方

2018年3月10日 15:00

人それぞれ筆記用具にはいろいろなこだわりを持っている

 ビジネスシーンの中で日々使われる筆記用具。100円程度の安いボールペンから高級な万年筆まで様々なタイプがある。

 3年前に念願の万年筆を手に入れたのは30代の男性会社員Aさん。万年筆の王道といわれるペリカンの「スーベレーンM400」を購入、定価は3万7800円だった。

「万年筆は昔からのあこがれでいつか手にしたいとずっと思っていました。そして、購入したのが大定番の“スーベレーンM400”。安いボールペンばかりを使っていたので、最初はちょっと違和感もありましたが、慣れるとやはり書き心地もよく、手に馴染む感覚も最高です。インクは1000円くらいで販売されているペリカンのボトル入りのものを使っていますが、年に1本を使うか使わないかといった感じです」(Aさん)

 メンテナンスの費用をのぞけば、年間1000円程度のランニングコストで万年筆を使うことができるようだ。しかし、Aさんは万年筆以外を使うことも多いという。

「基本的に万年筆は常に持ち歩いているんですが、出先でインクが切れてしまったことが何度かあり、予備として安いボールペンをスーツの内ポケットに入れるようになりました。万年筆はペンケースに入っているので、カバンから出すのが面倒になり、気づいたらボールペンばかりを使っているということも多いんです。また万年筆は、ちょっと大切に使い過ぎてしまう部分もあります。実用性というよりも、自己満足的な意味合いも強いのかもしれません」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。