マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

万年筆派と安いボールペン派 筆記具のそれぞれの考え方

2018年3月10日 15:00 マネーポストWEB

すべてのカバンとジャケットにボールペン完備

 一方、“安いボールペン派”だというのは自営業の40代男性Bさんだ。

「いろんなボールペンを比べてみましたが、個人的には三菱鉛筆の『ジェットストリーム』の0.38mm(150円)が、書き味も滑らかで一番気に入っています。自分のデスクのペン立てには常に5本くらい、普段使っているすべてのカバンに2本ずつ入れてあって、ジャケットの内ポケットにも1本ずつ入れてあります」

 Bさんは、このボールペンを10~20本まとめ買いするという。

「常に何本も身の回りにおいているということもあって、インクをすべて使い切るということはあまりありません。ボールペンを誰かに貸してそのままになったり、どこかに忘れてしまったりと、そういう形で手元から離れていくことのほうが多い。インクというよりは、ペンそのものが消耗品という感覚です}(Bさん)

 Bさんがボールペンにかけるお金は年間でどれくらいなのだろうか?

「年に20本買うとして3000円くらいでしょうか。ちなみに、替え芯を買うことはありません」(Bさん)

 本体は高いが意外とランニングコストは安い万年筆と、そのものが消耗品として使われるボールペン。どちらがリーズナブルなのかを判断するのは難しいところだ。

「あまりコストのことを考えて万年筆を使うことはないですね。重要なのは書き心地と、お気に入りの道具を使えているかということだと思います」(Aさん)

「とにかく“必要な時に手元にボールペンがない”ということが嫌なんです。だから、安いボールペンを大量に持っておきたい。そのための費用だと思っています」(Bさん)

 単純にコストだけでは比較できないのが筆記用具。重要なのは「自分が何を求めているか」というところにかかってくるのかもしれない。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。