マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

開花が早いと景気にプラス? 新年度の景気を占う桜と経済の相関関係

2018年3月19日 11:00

 宅森氏の調査によると、開花から満開までの日数が最も長かったのは1966年の16日間、2番目は1989年の14日間だが、いずれも3月20日と早い開花だった。

 3番目に長かったのは13日間で、1956年と1981年、1987年の3回記録しているが、そのうち開花日が3月26日と平年並みだった81年以外は息の長い景気拡張局面が続いた。

 ちなみに昨年2017年は開花日が3月21日と平年より5日早く、満開が開花日の12日後の4月2日だった。もちろん、現在まで景気拡張局面が続いている。

「満開までの期間が長いほど桜を楽しめる期間が長く、人々の華やいだ気分も継続します。もちろん、花見がたくさんできることによる消費の増加も期待できます」

 開花日が早かったこの春、満開までの期間も長ければ、景気の押し上げや持続効果が期待できるかもしれない。満開までの日数が昨年と同じ史上6番目タイの12日後だとすると3月29日に満開宣言が出されることになる。4月2日に満開を迎えれば、史上最長期間タイになる。

 楽しい花見のためにも、景気のためにも、桜は長く咲いてほしいものである。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。