マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

4月から処方薬が軒並み値下がり 有名がん治療薬や認知症薬も

2018年4月5日 11:00

 希少疾病薬とされる患者数は5万人以下、効果が類似した後発薬の場合は3番目までなど、条件が明記され、それから外れた新薬は効果に関係なく、値下がりの対象となった。さらに、薬をつくる製薬会社からも絞り込まれ、新薬開発の貢献度が高い上位25%(83社)の薬のみが新薬加算条件の対象とされた。

 その結果、昨年の416成分823品目から314成分560品目へと大幅に絞り込まれたのだ。加算総額も総額1060億円から250億円減って810億円に下がっている。

 オプジーボを筆頭に、認知症薬「メマリー」、降圧剤「セララ」、糖尿病治療薬「カナグル」などの有名薬が名を連ねている。有名薬以外にも、爪白癬治療薬、口腔乾燥症状改善薬などさまざまな薬の価格が平均して1~2割下がることになった。

※週刊ポスト2018年4月13日号

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。