マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

かつて製薬会社の言い値だった処方薬 値下げの流れは今後も続く

2018年4月8日 7:00

 その上、「新薬創出加算」で値下げも食い止められていたわけだ。医療経済ジャーナリストの室井一辰氏が解説する。

「新薬創出加算はもともと製薬会社側が利益確保のために要請してできた制度です。たとえ類似の効果のある薬があっても革新的な効果が認められれば『新薬』として創出加算の対象となるなど、これまではハードルが低かったため、薬価が下がりにくい状況でした。厚労省が、薬価の高止まりを容認している状況だったのです」

 状況が一変したのは、高齢化に伴う医療費の増大に、いよいよ国の財政が耐えきれなくなったことだ。

 政府は平成30年度の予算編成で医療費をはじめとする社会保障費の自然増を1300億円削減する方針を示し、財務省は「画期性や有用性の高さが認められなくとも新薬創出加算の対象になるため問題が多い」と指摘、一気に廃止を求めた。それに対し製薬業界が猛反発し、条件を厳格化して制度を残すという妥協案で着地したという経緯がある。前出・室井氏はこう語る。

「今後も医療費を圧縮する流れは変わらないでしょう。製薬会社のせめぎ合い如何で、ますます薬価は下がっていくことになると思います」

※週刊ポスト2018年4月13日号

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。