マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

コンビニの「牛カルビ弁当」比較 最もこってりなのは?

2018年4月20日 16:00

 コンビニの弁当の中で、こってり系の定番となっているのが、ご飯の上に牛カルビ焼肉がのった「牛カルビ弁当」。コンビニ各社が「牛カルビ弁当」を発売しているが、どんな違いがあるのだろうか。セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソンのコンビニ大手3社の「牛カルビ弁当」を、コンビニグルメに詳しいマネーポストWEBの記者Aが、実食比較してみた。

ファミリーマートの『炙り焼 牛カルビ重』

 まずはファミリーマートの『炙り焼 牛カルビ重』。価格は560円(税込み、以下同)。表示カロリーは699kacal。副菜には、もやしナムルが入っている。

「あくまでも私が食べた弁当についてですが、3cm×4cmくらいの牛カルビが6~8枚ほど、ご飯に乗っています。そして、お肉を口に入れた途端、じゅわっと脂身の旨味が口の中に広がるのが大きな特徴。お肉は薄切りで柔らかく、脂身は多め。タレの味もしっかりしていて、かなりこってりとしたイメージです。ご飯もたっぷりで満足感はかなりのもの。もやしナムルは一口で食べてしまう量なので、もう少しあってもいい」(記者A、以下同)

セブン-イレブンの『特製!炭火焼牛カルビ弁当』

 次は、セブン-イレブンの『特製!炭火焼牛カルビ弁当』。価格は498円(税込み、以下同)。カロリーは615kcal。付け合わせはナムルだ。

「4cm×4cmくらいの大きめな牛カルビ肉が6~7枚くらい入っています。ファミマに比べると脂身は少なめ。『炭火焼肉』と銘打ってあるように、お肉を口に運ぶと、しっかりと炭火の香りが漂ってきて、食欲をそそります。付け合わせのナムルは、もやし、ニンジン、小松菜が入っていますが、量が少ないのが残念。全体的に上品な印象です」

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

相場を予測しないFXで資産1000万円を達成した元公務員
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。