マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

“太っ腹優待”どこまで続く? 「すかいらーく」優待、仕様変更の意図

2018年5月31日 20:00

「太っ腹株主優待」が営業利益を圧迫?

 2017年12月期のすかいらーくの通期決算をみると、売上高はプラスだが営業利益は優待拡充前の前年度を下回っている。同社は減益要因のひとつとして株主優待の拡充をあげており、「太っ腹優待」が利益を圧迫している面は否定できない。ベインキャピタルも2017年11月までに保有株を全売却しており、前出の個人投資家のように「いつ優待改悪が発表されてもおかしくない」と戦々恐々としている株主は少なくなかったようだ。

 今回発表された優待変更は、これまで1枚500円の優待券を束にして送付していたのをカード化するというもので、優待券の額に変更はない。たとえば、500株保有する株主には年間66枚もの優待券が届けられていたのが、変更後は3000円のカードが9枚、1000円のカードが6枚に変更となる。株主にとっては持ち運びやすくなるうえ、従来は1枚1枚レジでバーコードを読み取っていて会計に時間がかかっていたのが、解消されると考えられる。

 ただし、変更後の優待カードは宅配では使用不可になることに注意したい。同社にその理由を問い合わせたところ「優待カードでの会計には専用端末が必要になり、現状では対応できないため」との回答だった。使い道を狭める意図はないようだが、宅配で利用していた株主は注意したい。

 この仕様変更の発表で、ツイッターでは「これで当面、改悪はなさそう」などと安心する声も多く投稿されていた。次の権利確定が6月末に迫っていることもあって発表後の株価はじわじわ上昇しており、安心して買い始めた投資家も多いのかもしれない。ちなみに同社IRは「現時点で優待内容変更の予定はございません」と話している。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。