マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

小学生のうちにやりくり&交渉術を育てる「おこづかい術」

2018年6月12日 15:00

 ちなみに、2015年度の金融広報中央委員会「子どものくらしとお金に関する調査」(第3回)によると、1か月のおこづかいの平均額は、小学生・低学年が1004円、中学年が864円、高学年が1085円、中学生は2536円、高校生は5114円となっている(小学生は「月1回」もらう場合の平均値)。

長続きできる方法で“管理”をさせる

 おこづかいを渡したら、もう1つ、やらせるべきなのが、おこづかい帳をつけさせることだという。

「ただ、実際におこづかい帳が長続きする子は少ないんです。あくまで、子供の力でお金を管理させることが大事なので、無理やりおこづかい帳をつけさせる必要はありません。わが家では、管理するための箱を作りました。

 箱を『貯金』『欲しい物(漫画やおかしなど)』『必要な物(学校用品など)』に区切り、そこに必要なお金を入れさせるんです。この箱を使うと、必要な物と欲しい物の区別を自然と学べます。そして、おこづかいがいくら足りないか明確になるので、どう増やしてもらうか、親に交渉する訓練にもなります」(竹谷さん)

 親はおこづかいをあげたら、管理できるよう誘導することが大切なのだ。

※女性セブン2018年6月21日号

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

「LINE」の500円から始める積立投資 特徴は低リスク志向の初心者向け
楽天やdポイントで株投資 100ポイントの少額投資も可能
キャッシュレス決済「LINE Pay」の使い方や特徴を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。