マネー

遺産相続 土地や建物で残した方が節税効果は大きい

 とくに故人と330平米(100坪)以内の宅地で同居していた親族が相続する場合、「小規模宅地等の特例」を適用すれば、土地の評価額が8割減になる。

「基礎控除もあるため、この特例が使えれば相続税を一気に圧縮できます。円満に合意できるなら、子供が買ったマイホームを売却して実家に移り住むのも選択肢です」

 現金の不動産化では、一時期、注目されたのがタワーマンション節税だ。高層階と低層階の実売価格が大きく異なるのに、固定資産税の評価額が同額になることを利用して、差額分の相続税を抑える節税法だ。

 2017年度からの制度改定で、20階以上のマンションの高層階は1階よりも最大10数%ほど評価額が高くなった。

「それでもまだメリットがあると指摘する人もいるが、相続税に関しては時価換算が原則なので、税務署に追徴税を課される恐れがあるので注意が必要です」

 メリットを強調する報道も多いが、冷静に真偽を見極めることが必要なのだ。“老後対策情報”だらけの世の中だからこそ、その対策をやるべきか、やらないべきか、その判断が何より重要になってくる。

※週刊ポスト2018年6月22日号

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。