マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

2018年「夏のボーナス」上位企業を分析 自動車快進撃のワケは?

2018年6月19日 11:00

3位のトヨタ自動車を筆頭に自動車業界はボーナスも好調(EPA=時事)

 今年も夏のボーナスの季節がやってくる。先頃発表された毎年恒例の日経新聞「夏のボーナスランキング」では、上位企業の顔ぶれが昨年からがらりと入れ替わっていた。そこから何が読み取れるのだろうか。

 同ランキングの今年のトップはソニー。昨年の9位から躍進し、金額も30万円以上アップしている。2014年3月期決算では1283億円の赤字を計上し、一時期は倒産の危機さえ囁かれたが、V字回復を達成した形だ。企業業績に詳しい東京商工リサーチ情報部課長の坂田芳博さんの話。

「ソニーはこのところ、音楽や半導体分野が伸び、業績は好調。優秀な人材を確保するため“人への投資”を惜しまない方針で、それが賞与額に上乗せされたのでしょう」

 次いで2位はスター精密、3位はトヨタ自動車と続いている。スター精密は、静岡市に本社を置く部品工作機械メーカー。賞与額は前年比約50万円も増加している。

「スター精密は、工作機械販売が過去最高を記録し、大幅な増益となりました。トヨタ自動車も海外での販売が好調で、今年の世界販売台数は最高を更新する見込み。こうした要因を反映して、賞与額が押し上げられたとみられます」(坂田さん)

 ランキングを見渡すと、自動車のほか、素材や機械関連の会社が多くランクインしている。

「昨年はマンションの再開発需要などを背景に、建設や不動産などの企業が上位を占めていました。しかし、今年はその需要も落ち着き、販売も伸び悩んだため、昨年好調だった企業が軒並みランキング圏外に押しやられました」(坂田さん)

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

「LINE」の500円から始める積立投資 特徴は低リスク志向の初心者向け
楽天やdポイントで株投資 100ポイントの少額投資も可能
キャッシュレス決済「LINE Pay」の使い方や特徴を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。