マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

2018年「夏のボーナス」上位企業を分析 自動車快進撃のワケは?

2018年6月19日 11:00 女性セブン

 そんな中、今年好調なのがトヨタを筆頭にした自動車関連企業だ。

「主な収益を海外市場に頼る自動車業界は、円安を追い風に業績を伸ばしました。自動車業界はすそ野が広く、自動車製造に伴って、素材や精密機械業界も連動して儲かる傾向にある。今年のランキングは、それが顕著に表れたといえるでしょう」(坂田さん)

 大手ゼネコンで働く夫を持つ主婦A子さん(51才)が話す。

「昨年はボーナス額が大きかっただけに今年の減額はこたえます。住宅ローンのボーナス返済もままならず、パートのシフトを増やしました」

 不動産会社勤務の夫を持つB子さん(39才)も浮かない顔だ。

「ウチも夏のボーナスは減額。仕方なく生命保険を見直して、月掛け金を半分にしました」

 一方、今年11位だったダイキン工業に勤務する夫を持つC子さん(44才)はこう話す。

「ボーナスは、それほど大きな増額でもありませんでした。でもこのご時世、ボーナスをいただけるだけで有難いこと。昨年より少し多めにいただいたお金は、娘と2人でビュッフェにでも行って、ちょっと贅沢させてもらおうと思います」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。