マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

小学生も常飲するエナジードリンク そのリスクと対策は?

2018年7月5日 7:00

睡眠障害のリスクも

 しかし子供がエナジードリンクを常飲することについて、前出の栗原氏は次のように警鐘を鳴らす。

「カフェインの効果を簡単に言えば“疲れた脳を興奮させてパワーアップ”させること。脳の発達途上にある子供が大量にカフェインを摂取すると、脳の中で不要な神経回路が過剰に作られてしまい、幻覚や妄想、痙攣などの発症リスクが高まる可能性がある。小学生はもちろん、中高生でも控えた方がいい」

 米国では今年2月、米国スポーツ医学会がエナジードリンク摂取について、「子供向けにマーケティングをするべきではない」との見解を発表した。2005年に日本で初めてエナジードリンクを販売し、ブームの火付け役となったレッドブルは、子供の常飲についてこう答える。

「250mlのレッドブル・エナジードリンクには80mgのカフェインが含まれており、これは同量のコーヒーと同等です。子供は体重が軽いので、一般的に成人よりカフェイン摂取を控える必要があるため、子供たちにマーケティングはしておりません」(レッドブル・ジャパンお客様相談室)

 日本では国としてまだ具体的な規制や制限はないが、厚労省は「今後は検討していきたいと考えている」(食品基準審査課担当者)と問題を認識している。

 飲まなきゃやってられない──子供にそう思わせる環境の改善も必要だろう。

※週刊ポスト2018年7月13日号

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

FXトラリピの成功者2人が語る「長期運用の秘訣」とは
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。