マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

仕事を面倒くさがる、急に辞める… 有名企業の「トンデモ広報」列伝

2018年7月21日 16:00

部下も上司もとにかく仕事を面倒くさがる

 ……他にも色々いますが、ここまではよくある(?)ケース。ここからは私が会った“最悪の広報”の話を。部下も上司も両方どーしようもない。某テレビ局の広報の話ですが、とにかく仕事を面倒くさがる人だった。かつて私が編集を担当していた「テレビブロス」で某人気お笑いタレント・Aの冠番組の特集(全6P)を作ろうとして、広報担当の女性に連絡したら、こんな展開になる。

「Aさんのインタビューをさせていただきたいのですが」
「Aさんのインタビューは難しいですよ」
「それは『Aさんのインタビューを取るのは難しい』のか『Aさんはやらない方針』なのかどっちですか?」
「難しいということです」
「そこの調整を事務所に対し、やっていただけますか?」
「私にはできません」
「わかりました。Aさんはインタビューは『やらない』というわけではなく、『口説くのは難しい』ということですね」
「そういうことです」
「そして、Aさんから口利きをしていただくのは無理ということですね」
「はい、私はやれません」
「ならば私がやっていいですか?」
「どうぞ」
「ならばプロデューサーに私から事務所に依頼するということをお伝えしておいてください。ダメならばその旨お伝えください」

 特に彼女からは連絡が来なかったというわけで、Aさんの事務所に企画書を送り、何度も電話で交渉したところマネージャーは「ふふっ、あなたの熱意には負けました。Aはもう何年もインタビューは受けていないんですからね。そこのところ覚えておいてくださいね(笑)」という嬉しい回答を得た。

 しかし、数日後、マネージャーは激怒して私のところに電話をしてきた。「あなた、○○(テレビ局名)に許可取っていなかったのですね! もうAのインタビューはナシです!」と怒られた。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。