マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

年金は増やすも減らすもあなた次第 お得なもらい方はコレ!

2018年8月1日 15:00

可能ならば「繰り下げ受給」にトライすべき

 年金総額を大きく左右する「もらい方」で重要なのは、「いつから」もらうかだ。年金の受給開始年齢は65才が基本だが、それ以前に受け取る「繰り上げ受給」と、それ以降に受け取る「繰り下げ受給」も選択できる。

「繰り上げは避けた方がいい」と指摘するのは『届け出だけでもらえるお金』の著者の井戸美枝さん。

「受給開始を1か月繰り上げるごとに、受け取る金額が0.5%ずつ減額されます。60才から受給を始めると本来受け取る額の70%しか受け取れないので、明らかに損。よほどお金に困っていない限り、繰り上げ受給はすべきではありません」

 一方で受給開始を遅らせる繰り下げについては、多くの識者が「可能ならばトライすべき」と推奨する。

「1か月繰り下げるごとに年金の受給額は0.7%ずつ増額されます。5年間繰り下げて限度いっぱいの70才から受給をスタートすると、本来もらえる額の142%を受け取ることができる。投資などで資産を4割増やそうとすれば大きなリスクを伴いますが、繰り下げ受給はリスクゼロ。やらない手はありません」(ファイナンシャルプランナー・森田悦子さん)

 例えば、65才から月額20万円の年金をもらえる人が70才からの繰り下げ受給をすれば、約4割増の月額28万4000円をもらえることになる。

 繰り下げ受給は長生きするほどメリットが大きくなる。受給開始から12年経つと、通常の65才受給開始より得になり、その後は受給総額がどんどん増えていくのだ。

「70才で受給する場合は82才まで生きると、65才受給より年金総額が多くなります」(井戸さん)

※女性セブン2018年8月9日号

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。