マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

転職・起業しないのは「生ぬるい」会社人生なのか?

2018年8月18日 16:00

一つの会社で定年まで過ごすことをどう評価するか

「キャリアアップ」や「ステップアップ」といった言葉が若手社会人の間で取りざたされることも多い。それが意味することは、「転職」「独立」「起業」「留学」などだが、「これまでのキャリアに自信を持って“変わらない”こともアリでは?」と述べるのはフリー編集者の中川淳一郎氏だ。同氏が「変わらない」ことの大切さについて述べる。

 * * *
 ここ何年間か、私がかつていた会社員時代の上司が定年を迎えたとの報を次々と受けます。中には「お疲れ様の会」的なことをかつての部下から開かれる人もいます。人望があった人はこうした会を開いてもらえるケースも多く、そうでなかった人は開いてもらえない。

 こうした会の主人公たる、60歳を目前に控えた先輩方は一様に達成感を滲み出しています。自分が新入社員で入った時に優しく声をかけてくれたことや、飲みにつれていってもらったことなどを思い返し、万感の思いで先輩のこれまでの偉業を称えるとともに、これからの実りある人生を祈念したくなります。

 60歳で定年ならば、大学卒業から37~38年ほどその会社に自身の人生を捧げてきたわけですが、とにかく立派だと思うのが「同じ会社で勤め上げた」ということです。もちろん、一度たりとも転職することなく新卒で入った会社に残ることについては「ぬるま湯に浸かっていた」といった酷評をされることもあります。

 しかし、なんでこうした評価って出るんですかね? いわば「転職経験ある人=社会の荒波をくぐった優秀な人」「転職経験ない人=社会の荒波を知らない人」的な文脈とも捉えられますが、どんな会社にだって転職者はいるわけですよ。

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。