マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

派遣社員は法律で十分に保護されない現実 雇い止めで突然解雇も

2018年9月9日 11:00

雇用3年になる直前に雇い止めになるのは仕方がないのか

 今年6月、働き方改革関連法案が成立し、正規社員と非正規社員の不合理な待遇格差の是正策が具体的に動き出したが、現実的には派遣社員の不安定な状態はそう簡単には変わりそうもない。雇い止めで突然解雇された派遣社員を救う方法はあるのだろうか? 弁護士の竹下正己氏が回答する。

【相談】
 私の友人は、ある会社の派遣社員として従事し、正規雇用を目指していました。しかし、2年9か月間働いたところで解雇が決定。いくら雇用が3年過ぎると正社員にしなければいけないという法改正があるにせよ、友人の努力は報われず、かわいそうです。この国には派遣社員の救済措置などはないのですか。

【回答】
 派遣労働者には、常用型と登録型があります。前者は派遣元事業者の期間の定めのない従業員です。後者は派遣業務があるときに、その期間をめどにした有期の雇用契約を締結する労働者(有期労働者)です。

 労働者派遣法は、派遣先の同一の職場に3年間以上継続して同一の有期労働者の派遣を受けることを禁じています。3年を超えると、派遣先が雇用契約の申し込みをしたとみなされ、労働者の承諾で派遣元事業者と交わしていた契約と同条件の契約が成立します。

 あなたの友人の「解雇」は、雇い主である派遣元事業者がしたことですが、期間途中の解雇はやむを得ない事由がない限りできません。そこで少なくとも、期限到来までは給料を請求できます。なお、原因が派遣先の派遣契約の解除であれば、派遣先には代替職場を確保するなどの義務があります。

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法
クレカの「ポイント」で始める投資 対象クレジットカードとそれぞれの特徴を紹介
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。